京都大学

統計学が医学の未来を創る

統計学が医学の未来を創る
統計学が医学の未来を創る
統計学が医学の未来を創る
NEWS

臨床統計家育成コースとは

新しい医薬品や治療法の開発に必要な臨床試験では、医学、薬学などの専門家のほか、統計学の専門家の参加も不可欠です。臨床統計家とは、統計学を基礎とする臨床試験方法論のプロフェッショナルのことです。

本コースは、臨床統計家に必要な知識、技術、態度を身につけるための2年制の専門職学位課程です。本コース修了後は、社会健康医学修士*(専門職)が授与されます。本コースは、データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。

*社会健康医学修士(Master of Public Health, MPH)は公衆衛生大学院(School of Public Health)で1~2年の専門教育を修めたことを示す国際的に認められた学位です。

理学・工学・経済学など数理系分野の皆様へ

本コースは、データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。医療の世界に飛び込んで、自らの可能性を試し、キャリアパスを発展させてみませんか?

医療系分野・生命科学系分野の皆様へ

医学や生命科学の基礎を持っていることは、臨床試験や臨床研究の統計解析において、大きな強みになります。是非、統計学を皆様のさらなる武器として身につけませんか?

大学院生を目指す方へ

臨床統計家育成コースは修士課程に相当する2年制の専門職学位課程です。専門職学位課程出願は7月中旬、入試は8月下旬です。

新着情報

  • 2022/08/31  2022年度 臨床統計シンポジウムのご案内(参加締め切りました)

    お知らせ

    2022年度 臨床統計シンポジウムを2022年10月7日(金)と28日(金)の2回に分け,開催いたします.

    日 時:
    2022年10月7日(金)15:00-17:10【テーマ: がん領域における費用対効果評価の問題】
    2022年10月28日(金)15:00-17:05 【テーマ: 分析対象集団・比較対照技術の選択に伴う課題】
    共 催:
    京都大学(大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 臨床統計家育成コース)
    日本製薬工業協会(医薬品評価委員会 DS部会 2022年度継続タスクフォース7)
    場 所:
    Zoom形式、PRAISE-NETを通じた事前登録
    ※接続方法は参加者に追ってご案内します.ご案内したリンクは他の人と共有しないようお願いします.
    アクセス情報は開催日直近に送らせていただきます.また当日のアクセス情報の問合せはいたしかねます.ご了承のほどお願いいたします.
    参加費:
    無料
    定 員:
    450名(先着順)
    申し込み:
    講演会等受付システム
    ・PRAISE-NETのIDをお持ちの方はログインしてお申込みください.
    ・PRAISE-NETのIDをお持ちでない方(初めて講演会等受付システムをご利用の方)は,『一般の方はこちらから空メールを送信してください』よりお持ちのメールアドレスから空メールを送信してください. 数秒後に確認メールが届きます. 届きましたメール本文内URLにアクセスいただき,一覧表の中からご希望の講演会名「AMED生物統計家育成推進事業:臨床統計第1回シンポジウム」または「AMED生物統計家育成推進事業:臨床統計第2回シンポジウム」の「詳細」からお申込みください.
    ポスター:
    2022年10月7日・28日開催案内ポスター

    (本シンポジウムは参加を締め切りました)

  • 2022/05/16  2022年度 CBC受験希望者事前面談(締め切りました)

    お知らせ

    2022年度の臨床統計家育成コースの出願を希望されている方には事前面談をお願いしております.
    今年度の事前面談は, 2022年6月10日で締め切りました.

  • 2022/04/01  オープンキャンパス 分野別相談会(事前面談)(2022/5/14(土))(終了しました)

    お知らせ

    2022年5月14日(土)オープンキャンパスに併せて分野別相談会(事前面談)を開催いたしました.
    多くのご参加ありがとうございました.

  •   
詳しく見る

出版

2022/10/04  教科書の出版

教科書「生存時間解析 第2版:SASによる生物統計」が出版されました。生物統計家育成事業で多大なるご支援を頂いた大橋靖雄先生、実地研修を担当して頂いていた魚住龍史先生によるものです。

2022/09/07  原著論文

JBMR Plus誌に、原著論文
Association of urinary pentosidine levels with the risk of fractures in patients with severe osteoporosis: The Japanese Osteoporosis Intervention Trial-05 (JOINT-05)」が掲載されました。コース修了者の高橋さん、三友さんとコース教員の共著です。

2022/09/07  教科書の出版

教科書「医学のための因果推論」が、朝倉書店から出版されました。

2022/05/06  教科書の出版

教科書「医学のためのサンプルサイズ設計 臨床試験・基礎実験・疫学研究」が、京都大学学術出版会から出版されました。

2022/02/02  総説論文

医学のあゆみ誌に、コース修了者の青木さんによる総説論文「国際共同治験におけるガイドライン―考慮すべき4つのポイント」が掲載されました。

   詳しく見る

アクセス

〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町
京都大学大学院医学研究科 臨床統計学

TEL: 075-753-9322
E-mail: kyotocbc-office@umin.ac.jp

オフィス: 医学研究科・医学部構内先端科学研究棟208号室

京都駅からのアクセス:
タクシーご利用の場合、京都駅から20~30分です。「京大医学部の芝蘭会館(しらんかいかん)」とご指示ください。芝蘭会館付近の医学部北門から入り、右側3番目の建物が先端科学研究棟です。京都駅からおよそ2000円程度です。

市バスご利用の場合、京都駅から1時間前後です。京都駅バスターミナル(D2乗り場)より、市バス206系統(東山通り北大路バスターミナル行)「京大正門前」下車(230円)。「京大正門前」より東大路通を南へ20メートル程度歩き、信号をわたり斜め前方の道(旧白川通)に進んでいただき、芝蘭会館付近の医学部北門から入り、右側3番目の建物が先端科学研究棟です。