京都大学
MENU

e-learningコース概要

臨床統計家育成コースは、京都大学のオンライン学習環境(OCW、KoALA)を利用して、京都大学の質の高い授業を無料で配信しています。 統計学の基本を学びたい方、医学論文を正しく読み解きたい方、臨床試験やサンプルサイズ計算を学びたい方、大学院の授業を体験したい方は、是非ご利用ください。

コース受講対象

臨床統計家育成コースの提供するe-learningコースは、それぞれ受講対象を設定しています。ご自身のレベルに合わせて、最適なコースを選択してください。 「エレベータのブザーは鳴るかー大学生のための統計学入門ー」は、高校数学I「データの分析」をカバーしており、高校数学B「確率分布と統計的な推測」の一部を含みます。「臨床試験」と「臨床試験の統計的方法」は、それぞれ社会健康医学系専攻の同名の授業を、一部公開したものです。

e-learningコース一覧

高校生~大学生向け

ビデオ講義

OWC

エレベータのブザーは鳴るか―大学生のための統計学入門―

「統計で容疑を晴らす」、「エレベータのブザーは鳴るか」、「地球の大きさを測る」といったストーリーを基に、統計学の基本を解説します。

  1. 到達目標:記述統計学を理解する
  2. 内容:データの要約、代表的なグラフ、確率分布、2変量の関連
  3. 形式:ビデオ講義(4回)
  4. 学習時間の目安:10時間
  5. 履修要件:なし

医療関係者向け

ビデオ講義

OWC

臨床研究者のための生物統計学

臨床研究に必要な生物統計の考え方を、医療関係者に向けて、分かりやすく解説します。

  1. 到達目標:臨床研究に必要な生物統計学の知識を得る
  2. 内容:ランダム化、P値、生存時間解析、メタアナリシス、倫理、データマネジメント、交絡、傾向スコア
  3. 形式:ビデオ講義(10回)
  4. 学習時間の目安:10時間
  5. 履修要件:なし

医療関係者向け

ビデオ講義

KoALA

オオサンショウウオ先生の医療統計セミナー

このコースでは、臨床試験・メタアナリシス・疫学研究の方法論を、学習支援環境KoALA上で体系的に学びます。教材として、リツキシマブ臨床試験、抗凝固薬メタアナリシス、受動喫煙コホート研究の論文を扱います。

  1. 到達目標:臨床試験・メタアナリシス・疫学研究の方法論とその原理を理解し、医学論文を正しく解釈できるようになる
  2. 内容:連続データ、2値・計数データ、生存時間データ、p値、サンプルサイズ計算、ランダム化臨床試験、Intention-to-treatの原則、メタアナリシス、公表バイアス、固定効果モデルと変量効果モデル、サブグループ解析と交互作用の検定、ロジスティック回帰、ROC曲線、コホート研究、ケース・コントロール研究、交絡、プロペンシティスコア
  3. 形式:ビデオ講義(16回)、論文読解、問題演習
  4. 学習時間の目安:48時間
  5. 履修要件: 医学論文を読むために必要な英語力

コース学生・研究者向け

ビデオ講義・ライブディスカッション

KoALA

臨床試験

臨床試験では「勝ち負け」の判定が難しいことがあります。このコースでは、解釈が難しい3件の臨床試験を取り上げ、統計学的な視点で討論を行います。学習支援環境KoALAを利用します。

  1. 到達目標:統計手法の理解に基づき、どのような視点で臨床試験の結果を解釈すればよいかを学ぶ
  2. 内容:生存時間解析、仮説検定とp値、サブグループ解析、非劣性試験
  3. 形式:ビデオ講義(3回)、ライブディスカッション(1回)、論文読解、問題演習
  4. 学習時間の目安:12時間
  5. 履修要件:医学論文を読むために必要な英語力

コース学生・研究者向け

ビデオ講義・ライブディスカッション

KoALA

臨床試験の統計的方法

このコースでは、臨床試験や疫学研究においてどのようにサンプルサイズを計算するかを、学習支援環境KoALA上の演習を通じて学びます。

  1. 到達目標:サンプルサイズ計算の技術を身に付ける
  2. 連続データ、2値データ、生存時間データのサンプルサイズ計算、Bayes流臨床試験デザイン
  3. 形式:ビデオ講義(4回)、問題演習
  4. 学習時間の目安:12時間
  5. 履修要件:t検定、χ2検定、Fisher正確検定、ログランク検定を理解していること