京都大学
MENU
  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設しました。

  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設しました。

  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設しました。

  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設しました。

臨床統計家育成コースとは

新しい医薬品や治療法の開発に必要な臨床試験では、医学、薬学などの専門家のほか、統計学の専門家の参加も不可欠です。臨床統計家とは、統計学を基礎とする臨床試験方法論のプロフェッショナルのことです。

本コースは、臨床統計家に必要な知識、技術、態度を身につけるための2年制の専門職学位課程です。本コース修了後は、社会健康医学修士*(専門職)が授与されます。本コースは、データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。

*社会健康医学修士(Master of Public Health, MPH)は公衆衛生大学院(School of Public Health)で1~2年の専門教育を修めたことを示す国際的に認められた学位です。

理学・工学・経済学など数理系分野の皆様へ

本コースは、データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。医療の世界に飛び込んで、自らの可能性を試し、キャリアパスを発展させてみませんか?

医療系分野・生命科学系分野の皆様へ

医学や生命科学の基礎を持っていることは、臨床試験や臨床研究の統計解析において、大きな強みになります。是非、統計学を皆様のさらなる武器として身につけませんか?

大学院生を目指す方へ

臨床統計家育成コースは修士課程に相当する2年制の専門職学位課程です。専門職学位課程出願は7月中旬、入試は8月下旬です。

新着情報

  • 2019/07/02  分担機関Bと協力機関の採択を決定しました

    お知らせ

    分担機関Bおよび協力機関の公募(公募期間2019年4月22日から2019年5月31)につき、厳正な審議の結果、各1施設の採択が決まりました。

    分担機関B:北海道大学病院臨床研究開発センター
    協力機関 :神戸大学医学部附属病院臨床研究推進センター

  • 2019/05/20  2019年度日本計量生物学会年会

    お知らせ

  • 2019/04/22  【公募】分担機関Bおよび協力機関を募集します(締切5月31日)

    お知らせ

    京都大学大学院医学研究科は、2016年10月にAMED 生物統計家育成支援事業に採択され、2018年4月からは、大学院社会健康医学系専攻専門職学位課程に臨床統計家育成コースを設置し、臨床研究実施機関・研究センター等で統計業務を担う実務統計家の育成を開始しました。本事業では、分担機関A(代表病院)として京都大学医学部附属病院及び国立循環器病研究センターにおいて生物統計業務の実地研修を実施しておりますが、研修内容の標準化にあたり、他の機関での実施可能性を踏まえた検討を行いたいと考えております。

    また、より多くの医療機関や疾患領域で生物統計業務の経験を積むことは、学生の興味に合わせた教育や、柔軟な実務スキルを身に付ける上で大変重要であると考えています。この度、本事業の一環として、分担機関B(提携病院)及び協力機関を募集することとなりましたので、応募希望機関におかれましては、リンク先の資料に従ってご応募ください。

    【資料リンク】
    分担機関Bおよび協力機関の募集について
    別添1.実地研修カリキュラム評価計画書(分担機関B用)
    別添2.学⽣インターンシップ受け⼊れ計画書(協力機関用)
    別添3.経費シート
    別添4.京都大学医学部附属病院及び国立循環器病研究センターでの実地研修(導入的研修)概要

  •   
詳しく見る

出版

2019/09/02  教科書の出版

オオサンショウウオ本の続編「短期集中!オオサンショウウオ先生の糖尿病論文で学ぶ医療統計セミナー 疫学研究・臨床試験・費用効果分析」が、羊土社から出版されました。

2019/05/09  原著論文

Biostatistics誌に、原著論文G-estimation of structural nested mean models for competing risks data using pseudo-observationsが掲載されました。

https://academic.oup.com/biostatistics/advance-article/doi/10.1093/biostatistics/kxz015/5485906

2019/05/09  総説論文

計量生物学に、総説論文「医学のための因果推論の基礎概念」が掲載されました。

2018/10/01  総説論文

統計数理 第66巻(2018年第1号)の特集「統計教育の新展開」に、「臨床統計家育成の諸問題」が掲載されました。

http://www.ism.ac.jp/editsec/toukei/tokeisuri-66j.html

2018/10/01  総説論文

分子精神医学 の特集「ビッグデータ時代の精神医学」に、「臨床試験データの統合解析―ネットワークメタアナリシス―」が掲載されました。

http://www.sentan.com/products/detail.php?product_id=758

   詳しく見る

アクセス

〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町
京都大学大学院医学研究科 臨床統計学

TEL: 075-753-9322
E-mail: kyotocbc-office@umin.ac.jp

オフィス: 医学研究科・医学部構内先端科学研究棟208号室

京都駅からのアクセス:
タクシーご利用の場合、京都駅から20~30分です。「京大医学部の芝蘭会館(しらんかいかん)」とご指示ください。芝蘭会館付近の医学部北門から入り、右側3番目の建物が先端科学研究棟です。京都駅からおよそ2000円程度です。

市バスご利用の場合、京都駅から1時間前後です。京都駅バスターミナル(D2乗り場)より、市バス206系統(東山通り北大路バスターミナル行)「京大正門前」下車(230円)。「京大正門前」より東大路通を南へ20メートル程度歩き、信号をわたり斜め前方の道(旧白川通)に進んでいただき、芝蘭会館付近の医学部北門から入り、右側3番目の建物が先端科学研究棟です。