京都大学
MENU
  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設します。

  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設します。

  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設します。

  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設します。

臨床統計家育成コースとは

新しい医薬品や治療法の開発に必要な臨床試験では、医学、薬学などの専門家のほか、統計学の専門家の参加も不可欠です。臨床統計家とは、統計学を基礎とする臨床試験方法論のプロフェッショナルのことです。

本コースは、臨床統計家に必要な知識、技術、態度を身につけるための2年制の専門職学位課程です。本コース修了後は、社会健康医学修士*(専門職)が授与されます。本コースは、データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。

*社会健康医学修士(Master of Public Health, MPH)は公衆衛生大学院(School of Public Health)で1~2年の専門教育を修めたことを示す国際的に認められた学位です。

理学・工学・経済学など数理系分野の皆様へ

本コースは、データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。医療の世界に飛び込んで、自らの可能性を試し、キャリアパスを発展させてみませんか?

医療系分野・生命科学系分野の皆様へ

医学や生命科学の基礎を持っていることは、臨床試験や臨床研究の統計解析において、大きな強みになります。是非、統計学を皆様のさらなる武器として身につけませんか?

大学院生を目指す方へ

臨床統計家育成コースは修士課程に相当する2年制の専門職学位課程です。平成30年度入試(平成30年4月入学)より学生募集を行います。専門職学位課程出願は7月中旬、入試は8月下旬です。

新着情報

  • 2018/09/14  2020年度入学希望者向けコース説明・相談会(仙台)を開催します

    お知らせ

    2020年度入学希望者向けの説明会を宮城県仙台市にて開催いたします。近隣でご関心のある方はどうぞご参加ください。事前申し込みは不要です。ご不明点はお問い合わせページからお願いいたします。

    日時:2018年10月13日(土)16:30~18:30、場所:仙台駅前貸会議室 小(Humos5 9階) →詳細はこちらのリンク先へ

  • 2018/06/22  平成31年度 社会健康医学系専攻(専門職学位課程)入試情報

    入試について

    出願期間は、2018年7月11日(水)から2018年7月17日(火) 17時(必着)です。
    インターネット出願の登録、入学検定料の納付、出願書類提出を出願期間中に行う必要がありますので、詳細は学生募集要項をご確認ください。→ 医学研究科入試情報ページ
    なお、希望するコース・分野に出願する前に、必ず相談(面談)するようお願いします。

  • 2018/02/21  福岡薬剤師会「添付文書・論文読解のための統計セミナー」


  • 2018/01/09  【聴講コース】臨床研究者のための生物統計学(2月1日終了)


    聴講コース「臨床研究者のための生物統計学」がメタアナリシスの回が開催され、約130名の方に参加いただきました。次回の開催は5月の予定です。

  • 2017/12/19  【ご報告】2017年計量生物セミナー・臨床統計シンポジウムが終了しました


    12/15に、日本計量生物学会・当コース主催セミナー『ICH E9(R1)「臨床試験におけるestimandと感度解析」について』が開催されました。 → ツイートのリンク

  • 2017/06/01  統計的有意性と P値に関する アメリカ統計協会声明

    お知らせ

    データ解析の際に、有意性を示す指標としてよく使われるP値について誤用や誤解が多いことを鑑み、アメリカ統計協会が声明を出しました。日本計量生物学会が翻訳しているので、是非ご一読ください。

  •   

出版

2018/07/09  総説論文

医学のあゆみの特集「Real World Data(実臨床データ)を用いた臨床疫学研究」に、「Real world dataを用いた統計モデリングとその費用対効果評価への応用―JJ医療経済モデル―」が掲載されました。

2018/06/18  総説論文

総説論文「骨粗鬆症論文で理解する生物統計学―代表的な手法とその結果の解釈―第10回プロペンシティスコアを用いた交絡の調整」が、Journal of Japan Osteoporosis Society誌に掲載されました。

2017/12/28  総説論文

総説論文“Design, data monitoring, and analysis of clinical trials with co-primary endpoints: A review”が、Journal of Biopharmaceutical Statistics誌に掲載されました(実地研修を担当される濱崎先生が筆頭著者です)。

2017/11/08  講義の動画配信「臨床研究者のための生物統計学」

こちらの聴講コースは定期開催となっており、臨床研究に必要な生物統計の考え方を分かりやすく解説していきます。順次、公開していきます。タイトルリンクから京都大学オープンコースウェアにお進みください。

2017/04/21  講義の動画配信「エレベータのブザーは鳴るか―大学生のための統計学入門―」

高校生~大学生向けの講義「エレベータのブザーは鳴るか―大学生のための統計学入門―」を動画で配信しました。京都大学オープンコースウェアから視聴できます。http://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/graduate-school-of-medicine-jp/10

2017/04/10  教科書の出版

薬学向けの教科書「薬学倫理・医薬品開発・臨床研究・医療統計学」が、中山書店から出版されました。

2017/04/10  原著論文

原著論文“Validation of surrogate endpoints in cancer clinical trials via principal stratification with an application to a prostate cancer trial”が、Statistics in Medicine誌に掲載されました。

2017/04/10  原著論文

原著論文“Health state utility values and patient-reported outcomes before and after vertebral and non-vertebral fractures in an osteoporosis clinical trial”が、Osteoporosis International誌に掲載されました。

2017/01/20  教科書の出版

医師向けの教科書「短期集中!オオサンショウウオ先生の医療統計セミナー論文読解レベルアップ30」が、羊土社から出版されました。

  

アクセス

〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町
京都大学大学院医学研究科 臨床統計学

TEL: 075-753-9322
E-mail: kyotocbc-office@umin.ac.jp

オフィス: 医学研究科・医学部構内先端科学研究棟208号室

京都駅からのアクセス:
タクシーご利用の場合、京都駅から20~30分です。「京大医学部の芝蘭会館(しらんかいかん)」とご指示ください。芝蘭会館付近の医学部北門から入り、右側3番目の建物が先端科学研究棟です。京都駅からおよそ2000円程度です。

市バスご利用の場合、京都駅から1時間前後です。京都駅バスターミナル(D2乗り場)より、市バス206系統(東山通り北大路バスターミナル行)「京大正門前」下車(230円)。「京大正門前」より東大路通を南へ20メートル程度歩き、信号をわたり斜め前方の道(旧白川通)に進んでいただき、芝蘭会館付近の医学部北門から入り、右側3番目の建物が先端科学研究棟です。