京都大学
MENU
  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設します。

  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設します。

  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設します。

  • 統計学が医学の未来を創る

    2018年4月 京都大学が臨床統計家育成コースを開設します。

臨床統計家育成コースとは

新しい医薬品や治療法の開発に必要な臨床試験では、医学、薬学などの専門家のほか、統計学の専門家の参加も不可欠です。臨床統計家とは、統計学を基礎とする臨床試験方法論のプロフェッショナルのことです。

本コースは、臨床統計家に必要な知識、技術、態度を身につけるための2年制の専門職学位課程です。本コース修了後は、社会健康医学修士*(専門職)が授与されます。本コースは、データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。

*社会健康医学修士(Master of Public Health, MPH)は公衆衛生大学院(School of Public Health)で1~2年の専門教育を修めたことを示す国際的に認められた学位です。

理学・工学・経済学など数理系分野の皆様へ

本コースは、データサイエンスや統計学に関心のある方を、医学知識の有無を問わず歓迎します。医療の世界に飛び込んで、自らの可能性を試し、キャリアパスを発展させてみませんか?

医療系分野・生命科学系分野の皆様へ

医学や生命科学の基礎を持っていることは、臨床試験や臨床研究の統計解析において、大きな強みになります。是非、統計学を皆様のさらなる武器として身につけませんか?

大学院生を目指す方へ

臨床統計家育成コースは修士課程に相当する2年制の専門職学位課程です。平成30年度入試(平成30年4月入学)より学生募集を行います。専門職学位課程出願は7月中旬、入試は8月下旬です。

新着情報

  • 2017/11/28  【聴講コース】臨床研究者のための生物統計学(12月21日)


    臨床統計家育成コース 聴講コース「臨床研究者のための生物統計学」

    ・内容:生存時間解析の基礎(医療統計学 米本直裕先生)
    ・日時:2017年12月21日 18:30~19:30(受付18:00より)
    ・会場:京大医学部 臨床第一講堂
    ※ 無料、事前登録あり

    事前登録フォーム
    20171221臨床統計家育成コース聴講コース
    本コースは定期開催となっており,ランダム化やP値といった基本から傾向スコアなど実践的な内容まで臨床研究に必要な生物統計の考え方を分かりやすく解説します.
    医療従事者向けですが,どなたでも奮ってご参加ください.

    配布資料準備のために,事前登録フォームからお申込みをお願いいたします.(既に登録されている方は不要です)

  • 2017/08/30  【お礼】大学院入試が行われました。

    お知らせ

    8月29日に平成30年度入試が行われました。出願数21人(社会人13人、修士学生1人、学部生7人、出身は理学・工学・経済学など)でした。学生募集にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

  • 2017/08/30  BSネットワークの研究会が開催されました。

    お知らせ

    8月25日、26日にかけて東京理科大葛飾キャンパスにおきましてBSネットワーク(Biostatistics Network)の研究会が行われました。リアルワールドデータ、臨床試験、ゲノムワイド関連解析などにおける統計手法について、数多くの学生が発表を行いました。また、招待講演として東京理科大の浜田先生により「生存時間解析の実務的課題の検討。最適被験者数配分、非PHモデルの被験者数設計」と題した講義がなされました。

  • 2017/07/27 

    お知らせ
    2017年度講義「臨床試験」のプロトコール作成実習において、グループA(大西龍貴さん、岡田和幸さん、松岡由典さん、六車耕平さん、谷川幸洋さん、増澤祐子さん、菊池志乃さん、岩田歩子さん)の「プロタミンショックに対するフルルビプロフェンアセキチルの有効性に関する多施設共同ランダム化比較臨床研究」がベストプロトコール賞を受賞しました。https://www.facebook.com/KyotoCBC/posts/1399656680150533
  • 2017/06/01  統計的有意性と P値に関する アメリカ統計協会声明

    お知らせ

    データ解析の際に、有意性を示す指標としてよく使われるP値について誤用や誤解が多いことを鑑み、アメリカ統計協会が声明を出しました。日本計量生物学会が翻訳しているので、是非ご一読ください。

  •   

出版

2017/11/08  セミナー動画配信「臨床研究者のための生物統計学」

こちらの聴講コースは定期開催となっており、臨床研究に必要な生物統計の考え方を分かりやすく解説していきます。順次、公開していきます。タイトルリンクから京都大学オープンコースウェアにお進みください。

2017/05/30 

総説論文「骨粗鬆症論文で理解する生物統計学―代表的な手法とその結果の解釈―第6回生存時間解析」が、Journal of Japan Osteoporosis Society誌に掲載されました。

2017/04/21  講義の動画配信「エレベータのブザーは鳴るか―大学生のための統計学入門―」

高校生~大学生向けの講義「エレベータのブザーは鳴るか―大学生のための統計学入門―」を動画で配信しました。京都大学オープンコースウェアから視聴できます。http://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/graduate-school-of-medicine-jp/10

2017/04/10 

薬学向けの教科書「薬学倫理・医薬品開発・臨床研究・医療統計学」が、中山書店から出版されました。

2017/04/10 

原著論文“Validation of surrogate endpoints in cancer clinical trials via principal stratification with an application to a prostate cancer trial”が、Statistics in Medicine誌に掲載されました。

2017/04/10 

原著論文“Health state utility values and patient-reported outcomes before and after vertebral and non-vertebral fractures in an osteoporosis clinical trial”が、Osteoporosis International誌に掲載されました。

2017/01/20 

医師向けの教科書「短期集中!オオサンショウウオ先生の医療統計セミナー論文読解レベルアップ30」が、羊土社から出版されました。

  

アクセス

〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町
京都大学大学院医学研究科 臨床統計学

TEL: 075-753-9322
E-mail: kyotocbc-office@umin.ac.jp

オフィス: 医学研究科・医学部構内先端科学研究棟208号室

京都駅からのアクセス:
タクシーご利用の場合、京都駅から20~30分です。「京大医学部の芝蘭会館(しらんかいかん)」とご指示ください。芝蘭会館付近の医学部北門から入り、右側3番目の建物が先端科学研究棟です。京都駅からおよそ2000円程度です。

市バスご利用の場合、京都駅から1時間前後です。京都駅バスターミナル(D2乗り場)より、市バス206系統(東山通り北大路バスターミナル行)「京大正門前」下車(230円)。「京大正門前」より東大路通を南へ20メートル程度歩き、信号をわたり斜め前方の道(旧白川通)に進んでいただき、芝蘭会館付近の医学部北門から入り、右側3番目の建物が先端科学研究棟です。